活力のある豊かな社会を築く 小山いきいき好齢者応援サイト

文字サイズ
 / 背景色

応援窓口受付/8:30〜17:15(平日のみ)

活動報告

  1. トップページ
  2. 活動報告 一覧
  3. 桑地区の休耕田を使って えごま油を作ってみました
サークル2017.09.08

桑地区の休耕田を使って えごま油を作ってみました

 皆さん! 「えごま油」を知っていますか?
 平成26年度から平成28年度の3か年にかけて、桑げんき発掘推進協議会におい
て、桑地区の数か所の休耕畑を使い、「えごま」を栽培してみました。
 平成27年度は、約50kgしか収穫できませんでしたが、平成28年度には、約
450kgのえごまが収穫できましたので、「桑えごま油」として道の駅思川にて販
売を始めました。

えごま油の効能 
 吸収されると青魚に含まれるEAPと同様の効果が得られます。EAPには血管を
若返らせる力があり、近年人気商品となっています。
 EAPの摂取必要量は1日たった2ℊ。多すぎても良いものではありませんが、毎
日摂取することにより、大きな効果があると言われています。
 日本に出回っている商品は韓国産が大変多いため、100%小山産「桑えごま油」
は大変希少価値の高い商品なのです。

えごま油を摂取することにより期待される効果
 認知症予防・アルツハイマー病予防・コレステロールの減少・脳卒中予防・心疾患
予防・うつ病予防・美肌・腸活・糖尿病予防・肝機能アップ・がん予防・高血圧予防 等
                          (桑げんき発掘推進協議会)